バラエキスが効果的

わきの下の臭いを自覚していたり、中高年特有のいわゆる加齢臭を気にする人々にとっては、体臭はかなり身近な問題です。

しかし、普段は体臭をあまり気にしていない人でも、発汗が激しくなる暑い季節や、混みあったバスや電車の中では、自分や周りの人の体臭が気になってしまいがちです。

そのため、気になる体臭に対処するために、いろいろなグッズが販売され、多くの人々が利用しています。

最も一般的なのは、手軽に汗やにおいを抑えられる制汗剤(デオドラント剤)です。

上手に活用すれば、体臭予防に大変役立ちます。

そのほかに、体の内側から体臭を予防するサプリメントなどの健康食品も最近増えてきています。

その中でも、体臭をバラの香りにするという健康食品が人気になっています。

このバラの健康食品には、バラから抽出したローズオイルが使用されています。

ローズオイルには、ゲラニオールというバラの香り成分が含まれています。

このバラの香り成分ゲラニオールは、バニラの香り成分バニリンと同じように、口から摂取すると、汗となって放出されやすいのです。

その理由は、ゲラニオールは、摂取すると肝臓で分解されずに、血液に運ばれ、血液循環とともに汗や息となって体外に排出される構造になっているからです。

ですから、ゲラニオールが含まれているローズオイルのエキスでできた健康食品を摂取すると、体臭がバラの香りになり、周囲にバラの甘い香りがほんのりと漂うのです。

デオドラント剤は、一時的に汗やにおいを抑えることで体臭を予防したり軽減したりしますが、バラのサプリメントは、飲み続けることで、体臭がバラの香りに変化していきます。

1粒飲んでしばらくすると、吐息がバラの香りになることが自覚できますし、早い人でしたら、数日後には、汗や尿の臭いにも、良い変化が感じられてくるといいます。

また、ローズオイルは、香りの効用ばかりでなく、抗感染作用や免疫調整作用などもあり、鎮痛作用や不安感を軽減するなどの健康効果ももちあわせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*