体臭 病気

体臭の原因としては、いろいろな要因があげられますが、さまざまな病気がもとになってあらわれる体臭もあります。

病気のなかには、特有の体臭を伴うものがあるのです。

ここでは、これらの病気と体臭の関係についてお話します。

まず一つ目は、アンモニア臭を伴った汗が出ることで知られる病気です。

それは、腎機能や肝機能の低下、冷え性、夏バテなどです。

このような病気や機能低下をおこすと、アンモニアを解毒したり尿として排出したりする働きが衰えるため、アンモニア臭の汗が体臭につながることがあるためです。

また、脂漏性皮膚炎という病気は、顔や頭など脂の分泌が盛んな場所に湿疹が出る皮膚炎ですが、この病気になると、頭皮などの皮脂臭(脂が古くなったような臭い)を伴い、かなり強い体臭を感じます。

また、本来は無臭化して排出されるために働く酵素が欠損しているため、魚が腐ったような臭いを伴う代謝異常の病気として、魚臭症候群(トリメテルアミン尿症)という病気があります。

便秘や腸の機能低下では、腸内に消化されなかった成分が異常に発酵して、腐敗したような体臭を伴うことがあります。

血糖値が高くなる病気、糖尿病では、尿の中にもブドウ糖が混じって甘酸っぱい臭いがしますし、汗や体臭も甘酸っぱい臭いになります。先天的な遺伝子異常の病気であるメープルシロップ尿症は、汗や尿がホップのような臭いになります。

また、フェニルアラニンというアミノ酸のひとつが代謝されずに溜まってしまう病気であるフェニルケトン尿症は、尿などがかび臭い臭いになるといいます。

このような特定の病気は、専門の病院で治療を受け、対策を講じることで気になる体臭も消失します。

また、多汗症という、文字通り汗が異常に増加する病気は、肥満や精神的なストレスなど、さまざまな要因によるものといわれています。
多汗症そのものは体臭の原因にはなりませんが、汗を放置することで体臭が起こりやすくなります。

病気の原因を取り除く努力や治療とともに、制汗剤などをうまく利用して対処することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*