体臭の原因

体臭は、誰にでも存在するものですが、その強さ弱さの程度は、人によって違います。

体臭に気をつけることはエチケットとして大切ですが、あまりにも気にしすぎる状態になると、精神衛生上好ましくありません。

重要なことは、体臭のことを正しく知って、体臭をやみくもに恐れないことです。

ここでは、まず、体臭につながる原因を探っていきましょう。

体臭の原因には、さまざまな要因があります。

たとえば、食べ物によっても体臭が強くなることがありますし、ある特定の病気が体臭の原因になっていることもあります。

体臭を予防するためには、体臭の原因を探ることが大変重要です。

体臭の原因として最も大きいのは、汗です。

通常の汗は水分と少しの塩分などでできていて、体臭にはつながりません。

けれども、汗をそのまま放っておいたり、老廃物などが汗腺に溜まると、そこに雑菌が発生、繁殖するため、体臭となります。

特にアポクリン汗腺から出る汗が細菌に分解されることの多いわきの下や足などは、強い体臭につながりやすくなります。
また、動物性たんぱく質や脂肪分の多い食生活をしていたり、生活習慣が乱れて体調不良になると、老廃物や角質が汗腺に溜まり、汗がアルカリ性に傾いて菌が繁殖し、不快な体臭につながります。

このように、いろいろな要因で老廃物が溜まってしまった汗腺とそこから分泌されるアルカリ性の汗が原因で体臭を感じることが多いのです。

また、汗とともに、皮脂も体臭に大きく関係しています。

肥満や睡眠不足、ストレスなどによって、皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されるようになり、その皮脂が酸化されると、体臭となって臭います。

また、中高年特有の「加齢臭」も、皮脂腺から分泌される、脂肪酸と過酸化脂質が結びついて酸化された「ノネナール」という物質が原因になっています。

また、便秘が続いているなど、腸内環境が悪化していると、腸内に悪玉菌が増加し、消化されていないたんぱく質やアミノ酸が分解され、悪臭の強い老廃物となって腸管から血液に入って循環するため、不快な体臭となって体外に放出されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*