体臭チェック

体臭は、なかなか自覚しにくいものです。

また、周りの人も、他人の体臭は気になっても、なかなか指摘しずらいものです。

ですから、もしかしたら、周りの人は言わないだけで、実は自分は臭っているのかもしれないと、一度気になると、どんどん深みにはまってしまいがちです。

いたずらに悩みを深めないためにも、自分の体臭の程度はどうなのか、そのチェック法を知り、体臭予防につとめることは重要なことです。

体臭チェックの一つとして、耳垢が湿っていないかどうかということがよくあげられます。

それは、耳垢が湿っていると、アポクリン汗腺が多い体質である傾向が強いからです。

アポクリン汗腺は、大汗腺とも呼ばれ、汗を分泌する腺のひとつです。

このアポクリン汗腺自体は臭いませんが、ここから分泌される汗に含まれている脂肪酸などの物質が、肌に住みついている細菌によって分解されたり、皮脂腺などから分泌された皮脂などと混じり合って、独特の臭いとなるのです。

ですから、アポクリン汗腺が多い体質だと、汗をかいたときなど、体臭が強まる可能性があります。

つぎに、下着の脇部分に黄色いシミがつくかどうかもチェックポイントです。

脇の下にアポクリン腺から出た汗をかくと、その汗の成分によって黄色っぽく着色するのです。

黄色いシミがついていると、脇の下にアポクリン汗腺があり、体臭につながる可能性があります。

ほかのチェックポイントとしては、親族に体臭の強い人がいるかどうかということもあげられます。

親がアポクリン汗腺の多い体質だと、その子どもの30パーセントに遺伝するといわれています。

また、食生活の傾向もチェックポイントです。

動物性脂肪の多い肉類中心の食生活を続けている人は、体臭が強くなる傾向があるといわれています。

体調のよしあしもチェックする必要があります。

特に便秘が続いていたり、胃腸の具合がどうかなどです。

腸の働きが悪くなると悪玉菌が増え、老廃物の悪臭が血液に運ばれて体臭に影響することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*