口臭と体臭について

普段は気にしていなくても、人と接する際には、自分の口臭や体臭が人に不快な気持ちを抱かせていないか、気になってしまうものです。
お店に並ぶ数え切れないほど多くの種類の口臭、体臭対策グッズをみると、日常的に口臭や体臭を気にしている人々がいかに多いかということがわかります。

一般的に口臭は、さまざまな要因によって口腔内に細菌が繁殖することによって起こるものが多いと言われています。

一方、体臭は、毛穴などからでる汗を放置することによる細菌の繁殖、皮脂の酸化などによるものが多いといわれています。

このように、それぞれに特有の原因も考えられますが、口臭、体臭どちらの原因にもなる要因もあります。

それは食べ物や病気という要因で、それらが口臭と体臭相互の原因になる場合も多いのです。

食べ物そのものでいうと、ニンニクなどはその良い例です。

ニンニク、キムチなどの辛味や臭い成分は、腸内に長くとどまり、血液の流れに乗って皮膚、肺、口へ臭いが排出されるため、口臭や体臭の原因になります。

また、疲労、冷えなど、さまざまな要因によって腸の機能が低下すると悪玉菌が増え、老廃物がスムーズに排出されずに便秘になりますし、腸の中に残った食物が異常発酵して血液内で循環し、これも肺や皮膚、口へと悪臭が排出され、口臭、体臭の原因になります。

これらの原因に共通していえることは、体内で臭いの元がつくられて、それが血液を循環して体外へ排出されるということです。

これらによる口臭や体臭を予防するには、臭いの強い食べ物を食べ過ぎないことや、普段の食生活の見直しや生活習慣の改善を図ることがのぞましいでしょう。

普段から食物繊維の多い食べ物を取り入れたり、軽い運動に取り組むなど、腸などの内臓の働きを活発にする生活をこころがけることも必要でしょう。

また、糖尿病や腎機能の低下など、ある特定の病気が、体臭や口臭、尿臭につながる場合もあります。

このような病気がもとになっている体臭や口臭は、病気の治療を行うことで消失します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*